注目の専門学校

女の人

さまざまな世代から注目

日本メディカル福祉専門学校は大阪の専門学校で、臨床工学技士や社会福祉士、保育士や幼稚園教諭など、今注目の資格を目指すことができます。昭和63年に設立された専門学校ですから、他の学校に先駆けて医療や福祉の分野に力を入れてきた実績を持っています。現在では、通学課程に加え通信課程も設置されており、社会福祉士や精神保健福祉士、保育士を目指せるコースが設置されています。日本メディカル福祉専門学校の通信課程は全国平均を大きく上回る合格率が特徴で、社会人の方や学生のWスクールとしても人気を集めています。その理由は、通学課程で築き上げた資格対策の実績と、通信課程であるにも関わらず、きめ細かな指導が行われることにあります。このように、日本メディカル福祉専門学校では、現役高校生だけでなく、さまざまな世代から注目される専門学校となっています。

実習を乗り切ること

日本メディカル福祉専門学校の各コースでは、病院実習や福祉施設、保育園や幼稚園などでの実習が準備されています。これらの実習では、日数と時間数があらかじめ決められており、この条件をクリアしなければなりません。通学コースであっても通信コースであっても同じで、この実習をしっかりとこなすことで、資格取得というゴールが見えてきます。特に、通信コースで社会人として働いている方、あるいは他の学校とのスケジュール調整が必要な方は、注意を要します。この点、日本メディカル福祉専門学校の通信コースでは、個々の希望やスケジュールにできるだけ応えるために、実習について個別にサポートする体制が整っています。会社や学校と相談をしながら、うまく調整することで、実習を乗り越えましょう。